超高齢でもコロナワクチンする?

嘱託医をやってる老人ホームへ新型コロナワクチン3回目をしに行きました(気が進まんかったけど)。

利用者さん21人と職員さん3人。

1件だけビクッとすることがありました。ホールで車椅子で丸く並んで待ってもらって順番に接種していったのですが、意識なくグッタリする方が一人!!
慌てて寝かせて血圧や呼吸を確認…脈が40しかない!やばい! 副反応のひどいやつがキた〜。だけん超高齢の人に怪しげな注射するのは嫌だったんだわ…もぅ。

あら?まだ注射してないんじゃない?最後に並んでたよね?待ってる間に起こったんだよね?!
ワクチンの副反応じゃないんだがな。
どうも排便に伴う迷走神経反射だったらしく、10分ぐらいで元通りに。

というようなコトでした。

高齢の方々は大きな誘因がなくても急変したりすることがあり、私も時々呼び出されます。何をしてあげられるわけでもないけど、見守る、寄り添うということも大切だと思います。ワクチンでコロナ感染を避けるなんてことで寿命や快適さがグッと延びるわけではないのでしょう。

私は「快適・満足・納得・尊厳」という意味で「寿命・天寿・自然・順番」という言葉を使うんだけど、なぜか「命の軽視・姥捨・諦め・敗北」という解釈をなさる方もあってなかなか難しいです。

スピリチュアルな話にも持っていかずに、現実的な科学的な政策的な議論がなされるようにはならんものかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。