さぁ出かけよう!と言われても..

Go To キャンペーン なんてものは数日前まで知りませんでした。
国中がまだまだ新型コロナを怖れている現時点で(私ゃ怖れてないけど)、旅行しましょうってのも如何なものかと。お金さえ補助すれば旅行されるんですかね、みなさん。
政府もマスコミも、もう少し「コロナはそんなに怖くないよ」と分かりやすく広めることをしないとダメなんじゃない?
重症化率が低いことやPCR検査の不正確さを、分かりやすく そして皆の心配を和らげるスタンスで解説し続けなきゃ。不安や恐怖を煽って自粛させる、そして今となっては自己責任の問題にすり替えるってのは卑怯でしょう。

テレビで「ミ◯ネ屋」を見てたら、ミ◯ネさんと専門家先生との話が噛み合わんのなんのってヒドい。
「新型コロナPCR検査」がどんなものか、そもそもPCR検査ってものがどれだけ信頼できないモノなのか、一般の人には分からないんだなぁと痛感します。
日本中の「大多数の分からない人たち」によって形成された世論や常識に沿って医療や介護の仕事を続けるのはなかなか難しいです。秋に風邪がインフルエンザが流行りだしたら、どんな感染防御策をして見せたら合格となるのか、とても心配です。風邪や高血圧や喘息の患者さんを診る際に全例にフェースシールドや防護ガウンが必須なんて話になったら大変です(めんどくさくて)。しばらく休業させてもらいたいくらいです。(重ねて言いますが、私は私自身がかかってしまうことは全く心配してないです)分からない一般の人が悪いなんて思ってませんよ。
分かってる人がわかりやすく伝えないのが悪いんだから。

咳が出る人が「咳エチケットとしてのマスク着用」をする程度でいいんじゃないでしょうか、と私は思います。自分を守るためのマスク着用はご自由に。「自分勝手な自粛警察」は本物の警察が取り締まるってことでどうでしょうか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

あの夏を忘れない

次の記事

モコとゴリ