あっという間に10周年です。
たくさんの方々に祝っていただきました。ありがとうございます。
勤務医を辞めて一人開業するのは期待と不安が半々でしたが、慣れないことに突き当たりながらなんとかここまで続けて来られました。
頼ってくれた患者さんに、支えてくれた妻に、ついてきてくれたスタッフに、癒してくれたゴリに、感謝です。
地域の皆さんに信頼していだけるよう、さらに10年、頑張ります。

と、まぁ、当たり前のことを書いてもつまらんので、本音を書きましょう。
特別な感慨はないですな。
もともと開業を思いついた動機が少々独特なので、10年間の反省や納得はいろいろありますが、やっとここまでやってきた..自分で自分を褒めてやりたい(泣) なんて気持ちはありません。

長らく勤務医を続けてみて、世の中の医療をとりまく環境の変化や病人,老人を軽んずる風潮などを目の当たりにしているうちに、自分の医者としての立ち位置に疑問を持ってしまいました。この枠組みの中でほんの限られた対象(患者さん)の対応をし続けてるだけでいいんだろうか?人の生死を左右する専門技術を維持していけるだろか?そんな能力があるんだろうか?このキャラを活かした別の働き方もあるんじゃないか?…と。
こんなことを考えながら日々の仕事を事故なくこなすのは無理なので、辞めました(笑)
家族には「過労死する前に辞めるわ」と言って納得してもらいましたが、過労死せずに働き続ける術はないでもなかったんですけどね。
自由の身になってから、いろいろ考えました。何か仕事をせんといけんのだが、同じ医者では面白くない、病人だけ相手するのもつまらんしなぁ。あ、医者じゃなくてもいいんじゃね?健康な人たちとも関われるし…。何なら自分を活かせる?あ〜特技がなんにもない!探偵はどうだ?喫茶店は無理か?そうだ偵察にいこう…喫茶店巡りだ、などなど。

46歳で定職を失った私はどうなっていくのでしょうね〜。