出雲胸部X線読影会

昨夜は医師会館で出雲胸部X線読影会を開きました。
なんと256回目。私が医者になった1986年にはもう始まってたので第1回目はいつだったのか..と思っていたら、わかりました。
立ち上げメンバーの伊藤先生によれば1986年に始めたとのことでした。なんだ最初から参加してたのか。
私のレントゲン読影能力はこの研究会とともに進化している!と言える(のか?)。
昔はシャウカステンを使って銀塩フィルムを読影していたけど、今となってはDICOM画像を高精細モニタで見るようになり、読影会もプロジェクタとスクリーンで皆んなで検討するようになりました。ハイテクにもついて行かねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ギターを始めますか

次の記事

トラウマ吹っ飛んだ