新型コロナ禍に思う

ネットに無責任なことを書く輩がいるなぁと常々思っていましたが、私も仲間入りしたかも。

このサイトを読んでくれる人は少なかろうから思いつくままに書いておりました。責任なんてあるわけないわ〜、とね。ところが、出雲で久しぶりに新型コロナPCR陽性が出たってことで私が2ヶ月も前に書いた「新型コロナ、ホントに怖い」の閲覧が増えました。他にもモコのことやギターのことも書いてるのに、みんな新型コロナ関連の記事にしか興味がないみたい。

読む人がいるからにはテキトーなことは書けんなぁと..でもよく考えてみたら手元にはアテになる情報は何もないんです。医者なら情報があるだろうと思われるかも知れませんが、答えはノーです。医学会からも医師会からも保健所からも厚労省からも、新型コロナはどんなものか、まだまだ危ないのか、そもそも怖いものなのか、ちゃんとした情報は届きません。まぁ確たる実態が把握できてるわけもないんですけどね。
新聞やテレビやネットニュースの中から自分の考えに近いものを採用して自分だけで納得する、みなさんと同じです。情けない。

新型コロナは風邪みたいもので騒ぎ過ぎだという説と得体の知れない怖い病気だから楽観できないという説とが飛び交う昨今、私も仲間入りするのは嫌なんだけど、個人の感想を書くぐらいはイイんじゃないかと思います。

このたび感染された方、ご家族、周囲の方々の心配はいかばかりかお察しします。何事もなく回復されることを切に祈ります。お手伝いできることがあれば何なりと。

不謹慎かも知れんけど、今回の出雲のPCR陽性の件、濃厚接触のない1000人もの人たちを検査するという画期的な事案であり、良いコトなんじゃないか。すごく感染しやすいのか、しにくいのか、もし感染した人がいたとしても発症する人がいるのかいないのか、明らかになるでしょう。今後の感染対策に必ずや活かされると思います。

心身ともにコロナなんかに負けずに頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

モコとゴリ

次の記事

モコは1歳になりました