いまさらだけど コロナワクチンの功罪は?

今日も新型コロナワクチン集団接種に出務します。

これで14回目、約2000回の接種に立ち会ったけどアナフィラキシーはゼロ、迷走神経反射が1人、かな。帰宅後の倦怠感や熱の頻度はわかりません。
長期的な副作用は予測困難ですが、短期的な副反応は少ないようですね。

ただし、子供はどうなのか?これは少し不安です。
子供たちの先は長い、もしコロナにかかっても重症化率は低い、長期的な副作用というものが解っていない…それでも近ごろは集団接種に10代の子供たちがたくさん来るようになりました。私としては「大丈夫かいな」と思いながら接種可にしているというのが正直なところです。

それよりも 若い働く世代にワクチンが行き渡っていないことの方が大問題だと思います(政策的に)。
集団接種が縮小傾向なようですが、イイノカナ?

近ごろ新型コロナ新規陽性者(感染者じゃない)の数がどんどん減っているのに、その分析がされていない。ワクチン接種が効いたと言えば良いのに…そうとも発表しない。集団接種も縮小傾向にする意図が分からないわ〜。そもそも、ワクチンを高齢者や医療従事者に先行接種させて、効果や副反応のデータでも収集するのかと思ったら全くしない、8割おじさんのテキトーな話だけを流布するだけでした。

未知のモノなんだから、思考 → 試行 → 再評価 → 変更or続行 → 再評価 → …という手順が必須でしょうにね。
国はもう少し手際良くスマートにコロナ政策を進めてもらいたいです。頭のいい人を揃えているんだから(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

NV200 お別れです

次の記事

KANGOO登場!