肉を焼いてみた

料理はさっぱりなんだけど、いろいろためしてみたい私。煮る焼くなんてのは仕組みとしてどうなってるんだろうか?魚を蒸し焼きにするのは?安い肉でも柔らかく焼く方法があるのか?…とても気になります。
妻は美味く作ってくれるけど言語化するのが不得手で「言葉にできない加減があるのよ」「気温や材料の違いで微調整しないと無理だから」てな具合で教えてはくれません。それどころか「たまに作っても上手くならんよ」「材料の無駄、時間の無駄」とか言って許可が下りません。
私ゃかろうじてダッチオーブンで炊き込みご飯(もちろん調理済み具材で)を炊いてみた程度か。

厚い肉を焼いてみたいという願いが叶ってステーキ用の肉を買って帰りました。三切れ入りなので焼き方をいろいろ試そうかと思ったけど、これまた「時間の無駄」ということでいっぺんに焼くことに。ネットで調べてみたけどよくわからんし、早めに冷蔵庫から出して室温に戻しておくぐらいしか頭に入らない。やっぱり理科の実験の域を出ませんでした(泣)
結局のところ、隣で見ていた妻が「もう良し!」といったところで火を止めると見事にミディアムに焼けてました。

得られた教訓といえば、試行錯誤して身につけた人には敵わないってことでしょうか。
肺炎を治すのと肉を焼くのと どっちが難しいか? という疑問の答えがここにあるように思われます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です