試運転

タイヤに空気を入れて試運転。もちろん自転車じゃなくて自身の試運転。
タイヤの空気が抜けてるってこと自体、長らく乗ってない証拠なんですがね。

50過ぎにロードバイクを手に入れた頃には喜んで激坂を登れるかとか日御碕まで何分で走れるかとかムリしてましたけど、不健康なまま還暦を迎えた今となってはリハビリみたいなお気楽ライドです。
サイコン(距離計やスピードメーターなど)を着けたり設定するのも面倒くなった。色々考えながら乗ると楽しみを削がれるし、今さらスピードやパワーを増すのは無理だしね。坂だって限界がどんどん低下しています。次の坂はギヤを何段落とそうかな,,なんて考えると常に弱気なライドになってしまいます。
その点、シングルスピード(変速なし)だと考えることがひとつ減ってさらに自由です。登れない坂は押して歩く、潔くて好き(諦めて漕ぐと意外と登れます)。

このSSCXは妻の勧めで買いました。
少々の坂でも登れるマウンテンバイクが欲しくて自転車屋へ行ったら…「これが緑で可愛くない?!」「あ〜それは山には登れんし脚力のある若者が乗るものだわ」…店主さん「さすが奥さんお目が高い!これは気楽に乗れてイイですよ〜」..ってことで全く違うものを買ってしまった。

早起きすれば毎日でも乗れるんだけどね、それができないのが欠点。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

取材を受けたが…