Apple信者

88年ごろからMac一筋です。
それまではパソコンなんてものを触ったこともなく、知人が使っていたMacintosh SE/30 を見て、これだ!と思いました。使い方を知らない自分でもすぐに使い始められる、異なるソフトでも操作が統一されており初めてのソフトでも戸惑わない。WYSIWYGも斬新でした。
高かったけど買いました SE/30! 妻の第一声は「何十万円も出して白黒なの?」でした。
電話回線を使ってパソコン通信、長時間かかってファイルダウンロード、恐る恐る筐体を開けてボード増設もやったなあ…。
Macが進化してからはハードもソフトもブラックボックス化してしまって弄り甲斐がなくなってしまった。
近ごろは旧くなったMacをどう活かすかが面白く、MacOSではなくてUbuntuを走らせてみたりしています。このiMac2006はUbuntuを載せてWiFiに繋ぎ、FirefoxでPrimeVideoやJazzRadioを楽しんでいます。
旧いMacで「ボヘミアン・ラプソディ」を観る…、感慨深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

弓が帰ってきたけど…

次の記事

SNSはきらいだけど…