長らく咳が続く、ふだんから下痢しやすい、なんとなくダルい、などなど、軽症で病院へ行くほどではないけど不調が続く、あるいは診てもらってるけどスッキリ治らない、という方は多いと思います。
長らく続いているのに悪化もしない病状は、本当にたいしたことないんだと思います、私は。
と言うのも、もしきちんと検査や治療を受けないと手遅れになってまうような病気を放置して来たとすればどんどん悪化するはずなんですよ。悪化することもなく軽い不調が続くなら、ほんとに本人も気づかないぐらいのちょっとしたことが原因になっていて、それをちょこっと治療すれば治ってしまうと思うんです。
そこに気づくか気づかないかってことが大切です。
私、こういうパズルを解くのが好きで「なんとなく不調」という患者さんは大歓迎です。いろいろ話を聞いたり簡単な診察や検査をしていくうちに「こんなことが原因なんじゃないか、簡単に治せるんじゃないか、ひょっとすると治療なんかしなくてもいいコトなんじゃないか」まれには「これは珍しい病気だわ、見つけちゃった」「これは見かけ以上に重症だわ」ってなことが分かってきます。
こんな思考が好きな医者も嫌いな医者もいます。
飲食店や美容院なども、店によって違うじゃないですか。医者も色々いて当然でしょ。
ハシゴしてみるのも面白いかも。
「ひどい病気が潜んでいるかもしれません」的な脅し文句で興味を惹くテレビ番組や週刊誌ネタに振り回されることなく、医者に相談してみるのがイイと思います。